MENU

時計ガラスの修理

時計ガラス,修理,サファイヤガラス,クリスタルガラス時計ガラス,修理,サファイヤガラス,クリスタルガラス

誤って時計を落としてしまったりすると、風防(サファイアガラス・クリスタルガラス)部分が欠けてしまったり、文字盤が見えない程にすり傷が付いてしまったりガラスが割れ落ちてしまったりといったトラブルが多々起こります。

 

この風防ガラスの欠けなどは、気になる方にとっては悩みの種になったりしますし、大事にしていればしているほど、落としてしまったことを悔やむ方もいます。そのような時は早々に修理(交換)してしまうのが良いでしょう。

 

上掲載のようにロレックスの風防はサファイヤガラスですが、各メーカーの純正のガラスは高くつく上に入手が難しい場合があるため、腕時計用の代替ガラスで見た目を綺麗にすることができます。

 

落としたことによる破損は風防部分だけでなく、ベルトやリューズなどにも傷が入ったり破損したりとあちこちダメージを受けますので、トータル的な修復が必要になったりします。

 

そうなると、年間数千件もの修理を受けている技術力と評判の高い修理技能士に依頼するほうが結局のところ安く仕上がります。

 

>>時計のガラス(風防)修理に関しての詳しい情報はコチラ

 

時計の修理可能なブランド一覧


【国内ブランドの時計】計6ブランド
エクシード(EXCEED)・エクセリーヌ(EXCELINE)・シチズン(CITIZEN)・セイコー(SEIKO)・ドルチェ(DOLCE)・DC BRAND

【海外ブランドの時計】計36ブランド
IWC(インターナショナルウォッチカンパニー)・Vacheron Constantin(ヴァシュロン コンスタンタン)・HERMES(エルメス)・AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)・OMEGA(オメガ)・ORIS(オリス)・Cartie(カルティエ)・ck(カルバンクライン)・GaGa Milano(ガガミラノ)・GUCCHI(グッチ)・ChristianDior(クリスチャンディオール)・CORUM(コルム)・GIRARD-PERREGAUX(ジラールペルゴ)・JAEGER-LECOULTRE(ジャガールクルト)・CHANEL(シャネル)・Chopard(ショパール)・SKAGEN(スカーゲン)・ZENITH(ゼニス)・TAG Heuer(タグホイヤー)・Dunhill(ダンヒル)・TUDOR(チュードル)・(*´з`)ドル
TISSOT(ティソ)・TIFFANY&Co.(ティファニー)・Patek Philippe(パティックフィリップス)・PANERAI(パネライ)・HAMILTON(ハミルトン)・PIAGET(ピアジェ)・FENDI(フェンディ)・Folli Follie(フォリフォリ)・BREITLING(ブライトリング)・FRANCK MULLER(フランクミューラー)・Blancpain(ブランパン)・BVLGARI(ブルガリ)・Breguet(ブレゲ)・BAUME & MERCIER(ボーム&メルシエ)・RADO(ラドー)・LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)・ROLEX(ロレックス)・LONGINES(ロンジン)
その他、お問い合わせください。

>>時計の症状と修理内容から選ぶ<<