MENU

ロレックス 修理の値段

ロレックスは、最高級の品質を誇る時計として世界中に広く知られています。
その分、ロレックスの時計を付けることをステータスとする考えの方は幾本も買いそろえていて、気分やTPOに合わせて使い分ける方も少なくありません。

ロレックス,修理,オーバーホール,


 社会一般的には、お気に入りの1本を愛着を持って使う方もいますし、その延長で修理やオーバーホールをして子供や孫に贈るという受け継ぎ方を重んじる方もいらっしゃいます。
 そんな幅広く、多くの方に親しまれているロレックスは、修理やオーバーホールをする回数は最低でも5年に1度はあるかと思います。

 

そこで、毎度気になるのが修理やオーバーホールにかかる値段の問題だったりします。
まずは、ロレックスの正規修理店へ出す場合の値段を見てください。

ロレックス正規店修理価格表

ブランド名 種類 メーカー
標準修理価格
メーカー納期
ROLEX 手巻き 43,000 約1.2ヶ月〜
自動巻き(カレンダーなし) 43,000
自動巻き(カレンダーあり) 44,000
GMT・ダイバーモデル 45,000
デイデイト 55,000
コスモグラフ デイトナ 60,000

このほかに、時計の状態やお客さまの要望などにより価格が上乗せされて上がっていったりします。
正規店の修理特徴としては破損している箇所の交換が主になりそれが、高くつく現象を起こしています。

 

正規店のこれらの価格より、もっと手軽な価格と高い技術で修理できるお店を紹介します。

 

私がおすすめしている時計の修理工房は、お客様が認識している修理してほしい箇所を元に無料で見積もりに対応していて、見積もりに関しては全くの無料で出来るということです。
もしその、修理見積もりの内容と価格が気に入らない場合は、取りやめることもできるというのもこの店の魅力と言えます。

 

再々書いていますが、時計を修理するにあたっての技術力とそこに合わさった応用力は素晴らしいものがあります。
そのあたりもろもろ含めて、値段も良心的に対応してくれるのがとてもありがたいお店です。

 

>>修理項目別一覧でロレックスの修理値段を見る<<

時計の修理可能なブランド一覧


【国内ブランドの時計】計6ブランド
エクシード(EXCEED)・エクセリーヌ(EXCELINE)・シチズン(CITIZEN)・セイコー(SEIKO)・ドルチェ(DOLCE)・DC BRAND

【海外ブランドの時計】計36ブランド
IWC(インターナショナルウォッチカンパニー)・Vacheron Constantin(ヴァシュロン コンスタンタン)・HERMES(エルメス)・AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)・OMEGA(オメガ)・ORIS(オリス)・Cartie(カルティエ)・ck(カルバンクライン)・GaGa Milano(ガガミラノ)・GUCCHI(グッチ)・ChristianDior(クリスチャンディオール)・CORUM(コルム)・GIRARD-PERREGAUX(ジラールペルゴ)・JAEGER-LECOULTRE(ジャガールクルト)・CHANEL(シャネル)・Chopard(ショパール)・SKAGEN(スカーゲン)・ZENITH(ゼニス)・TAG Heuer(タグホイヤー)・Dunhill(ダンヒル)・TUDOR(チュードル)・(*´з`)ドル
TISSOT(ティソ)・TIFFANY&Co.(ティファニー)・Patek Philippe(パティックフィリップス)・PANERAI(パネライ)・HAMILTON(ハミルトン)・PIAGET(ピアジェ)・FENDI(フェンディ)・Folli Follie(フォリフォリ)・BREITLING(ブライトリング)・FRANCK MULLER(フランクミューラー)・Blancpain(ブランパン)・BVLGARI(ブルガリ)・Breguet(ブレゲ)・BAUME & MERCIER(ボーム&メルシエ)・RADO(ラドー)・LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)・ROLEX(ロレックス)・LONGINES(ロンジン)
その他、お問い合わせください。

>>時計の症状と修理内容から選ぶ<<